• nunnuntta

いざ、レースに向けて‼️ ロードバイクのフィッティング 神戸 三宮


今回は内田選手からオファーがあり

フィッティングをさせていただきました。


バイクを変更されまして…

前のバイクと同じようにセッティングしたのですがしっくりこない。”との事。


こちらが改善前です。


こちらが改善後です。


サドル位置、ハンドル高のセッティングを変化しました。

この事によって落差が生まれ、

上半身の快適性保ちながら、

上半身の重みをうまくペダルに乗せられるようになり円滑なペダリングが行えるようになりました。


手順

まず、身体検査を行いました。

これをベースに可能な範囲のポジョンを

予測しました。

次に、リトゥールを使用し

動作中の関節角度を測定し、

バイオメカニクス的観点からの意見を

まとめ、ディスカッションを行い

ポジションを追求しました。


その結果、あらゆる強度の練習をされて

から再度確認したところ

上半身の快適性が保たれ呼吸がしやすく、L4強度(1時間維持できるペース)の

維持がしやすく脚全体が使えてペダリングが行える。

フィードバックを頂きました。


このように。

お客様とコミュニケーションを大切し、

妥協のないフィッテングを行う事を

最重要としております。


もっと楽に、もっと早く、もっと楽しく

自転車に乗りたい

お客様をお待ちしております。


今後ともよろしくお願いします。

77回の閲覧0件のコメント